日刊ギリシャ檸檬の森 古代都市を行くタイムトラベラー 

ケファロニア島スカラのローマ時代の荘園

ケファロニア島
元のサイトで完全版を読む
Κεφαλονιά - Ρωμαϊκή Έπαυλη της Σκάλας  
Kefalonia - Roman Villa of Skala



ケファロニア島の南端のスカラというところにローマ時代の荘園遺跡が残っている。
この荘園はローマ時代(2世紀)に建設され、初期キリスト教時代(4世紀)に火事によって崩壊されたようだ。その後、荘園の一部にキリスト妖怪が建設され9世紀から10世紀頃まで続いていたという。その後また火災により崩壊し、ビザンティン時代にはアギオス・アタナシウス礼拝堂が建てられた。

ギリシャ語でエパヴリ(έπαυλη)、ラテン語でヴィラ(Villa)は荘園の意味で、小さな要塞化された農場の複合家屋のことである。現代だとヴィラと聞くと豪華別荘や大邸宅の意味として使用されている。
詳細は→ヴィラ - Wikipedia


2枚目の画像

3枚目の画像
4枚目の画像
5枚目の画像
6枚目の画像
7枚目の画像
8枚目の画像
9枚目の画像
10枚目の画像
11枚目の画像
12枚目の画像


13枚目の画像


ヨロシク  
もっと見る
タグ
ケファロニア島
ローマ時代荘園