日刊ギリシャ檸檬の森 古代都市を行くタイムトラベラー 

ケファロニア島スカラのアルカイック神殿

ケファロニア島
元のサイトで完全版を読む
Κεφαλονιά - Αρχαϊκός Ναός της Σκάλας  
Kefalonia - Archaic Temple of Skala

ケファロニア島の南端のスカラというところにアルカイック時代の神殿の遺跡がある。アルカイック時代とは紀元前700年から紀元前500年頃を指す。

このスカラのアルカイック神殿は紀元前6世紀頃にドーリス(ドーリア)式で建設され、クラシック(古典)時代の紀元前4世紀まで使用されていた。ここは古代都市プロノイ(Πρόννοι/Pronoi)が領土であった。

遺跡の入口


遺跡内に入ると手前に柱廊とぺリボリス壁があり、奥にアルカイック神殿がある。
2枚目の画像


柱廊の跡は地面に敷石飲み残っている。
アルカイック時代には柱はドーリス式がずらっと並んでいて、屋根があった。参拝に来た古代人がここにすわって休んでいたりしたのだろう。
3枚目の画像


アルカイック神殿 写真1
4枚目の画像

アルカイック神殿 写真2
5枚目の画像


アルカイック神殿 写真3
6枚目の画像


遺跡全体 入口付近にアギオス・ゲオルギオス教会が見える。
7枚目の画像


遺跡の廃材
8枚目の画像


3本の円柱が建っている。ドーリス式円柱の装飾彫刻の部分はケファロニア考古学博物館にあるようだが、現在閉館中で見ることができない。
9枚目の画像


 
アギオス・ゲオルギオス(Άγιος Γεώργιος/Agios Georgios)教会。
10枚目の画像


この神殿遺跡を上空から撮影するとこのような感じ。
11枚目の画像


ヨロシク  
 
もっと見る
タグ
ケファロニア島
アルカイック神殿
スカラ