日刊ギリシャ檸檬の森 古代都市を行くタイムトラベラー 

イローン或いはヒローン、いわゆる英雄神殿 古代コリントス

コリンティア
元のサイトで完全版を読む
古代コリントス - 英雄神殿
Αρχαία Κόρινθος - To Ηρώον
Ancient Corinth - The Heroon


英雄神殿という遺跡がある。ギリシャ語でがイローン、英語だとヒローンという。古代ギリシャ・ローマではヒーロー(英雄)を信仰する風習があり、ギリシャの各地の古代遺跡に英雄神殿が残っている

この英雄神殿は紀元前146年の古代ローマの軍隊により破壊された。
  


四角い土台のあるところが英雄の祭られていた場所である。そこには数人のサルコファゴス(石棺)が置かれていた。その中から出土品がテラコッタが何点あった。 
2枚目の画像

英文の遺跡の説明
On the hillside where the Bema of the Roman Forum was later built and alongside a road leading southward to Acrocorinth, a cemetery had been delevoped during the Geometric period (1050 - 720 B.C.)

Later on, during the Early Corinthian period (620 - 590 B.C.) one of the cemetery's graves was looted; it was the grave of an arthritic male, about 40-45 years old and 1.72 meters tall. As a direct result of this action, a cult activity started on the site, presumably because the Corinthians feared pollution from the looting of the grave. A few years after, in the Middle Corinthian period (590 - 570 B.C.), a small rectangular open-air enclosure was built over grave 72-4. The height of its poros wall can be restored to just above eye-level. The various and valuable votive offerings found inside the temenos suggest that the dead man was venerated as a hero.

The temenos remained in use until the destruction of Corinth in 146 B.C. and was damaged by the laying of the bedding for the paving of the Roman Forum.

ヨロシク
もっと見る
タグ
英雄神殿
古代コリントス